実家の片付け 振り返り 一筋縄ではいかぬのだ

スポンサーリンク



本日は実家の片付けの振り返りでも・・・

こんにちは。のむさとです。

以前インスタにもアップしましたが、今日は具体的に振り返ります。

耐久消費財長めなのは親譲りと判明しました。

以下どうぞ。

スポンサーリンク




さて、以前実家の片付けにTRYしました・・・

覚悟してご覧ください(笑)

<befor>

何がどこにあるか皆目不明

キッチンの納戸です。

母も父もモノを捨てられない人です

片付けはできるけど、整理ができません

帰省のたび、私が整理収納を熱く(るしく???)語っていたので、じゃあここを片付けしてみてと・・・

いざ!

全だし。どーん。

でるわでるわ。

梅干しの瓶。10個以上ありました。

実家は、父が定年後、農業を手広くやっているので

「たね」(野菜・穀物・大豆・・・・・etc・・・・)

そりゃ、どっさり。

そして、使用してない段ボールもどっさり。段ボールマニアか!!!!!

手作り味噌樽・梅干しをつけている大樽

お盆 10枚以上・・・

お重(3段) 4セット

食器(お客様用)

10年以上ぶりに出てくる品々・・・

父と母の思い出の品も多数。

中を出して、拭き掃除。

(出したの、何年振りかももうわからないそうな・・・Oh!No!凹)

やっていくうちに、母も要不要の判断が早くなってこんなに処分

<after>

まだ、モノは多いのかもしれないけど、今は十分かな。

家族だと、言葉がきびしくなっちゃいがちです。

母の思い、父の思いをよく聞くこと。

私が取り組むことは、まずそこからかな。

思い出のたくさんつまった、お家。

だから、大事に大事に整理収納して、両親が過ごしやすく、暮らしやすくなるように、両親がどんな暮らしがしたいのかもっと、たくさん話さねば。

これからの過ごしやすい未来のお手伝い。

実家のあとは、妹の家!!!

そして、妹の子どもたち。

家族を幸せにする、お片付け進めていきます( *´艸`)ウフフ

 

 

スポンサーリンク