節分の意味って?なんで豆まくの?

今度の節分・・・

 

我が家にが来ます!

今朝、息子に聞かれ、

「・・・鬼は豆が嫌いなんじゃない?先生に聞いてみて」

と超テキトーな回答をしたのむさとです。こんにちは。

 

 

私が住む市では、季節のイベントとして応募のあった家に鬼がやってきます!

鬼訪問イベントに初めて当選しました!㊗パンパカパーン☆彡

 

 

 

何色の鬼かは不明ですが・・・

皆さん、節分の意味ってご存知ですか?豆まく意味って?

恥ずかしながら、季節の変わり目で鬼が来るから、鬼を払うってイメージでした。なぜ、豆まくのか?なんで、豆なのか?よくよく考えると???です。

なので、辞書で調べてみました。

節分】

”1 季節の変わり目。立春立夏立秋立冬の前日。せちぶん。”

”2 特に、立春の前日。2月3日ごろ。この夜、鬼打ち豆をまいたり、柊 (ひいらぎ) の枝に鰯 (いわし) の頭をさしたものを戸口にはさんだりして、邪気を払う習慣がある。”

【豆まき】

”1 豆の種子を畑にまくこと”

”2 (豆撒き)節分の夜、「福は内、鬼は外」と唱えながら豆をまくこと。豆打ち。”

goo辞書引用

ふむふむ。あれ、なんで豆なの?豆打ちって?

。豆うちは、豆まきと同じ意味。

・元々は中国からきた風習。

・昔、京都に鬼が出たときに、毘沙門天(びしゃもんてん)のお告げで、豆を投げたら、鬼を追い払うことができた。

・魔(鬼)の目→魔目→まめ ・まめ→魔滅→魔を滅すると考えられるようになった

・昔、豆や米には邪気を払う力があるといわれ、豆の持つ邪気払いの力で、鬼を追い払うために、豆をまくようになった。

”・一般的には「福は内、鬼は外」と声を出しながら福豆(煎り大豆)を撒いて、年齢の数だけ(もしくは1つ多く)豆を食べる厄除けを行う。また、邪気除けの柊鰯などを飾る。”

”・「おに」の語はおぬ(隠)が転じたもので、元来は姿の見えないもの、この世ならざるものであることを意味する”

””wikipedia引用

この世ならざるものってのが、ちょっと怖いです。

・鬼は心の中にいて、赤鬼(怒)青鬼(泣)黒鬼(悪)の鬼を祓い清める行事

・「鬼は外、福は内」と声を出しながらまく。地域によっては「福は内、鬼は内」という地域もある(鬼を神格化しているため)

 

めっちゃ、深いんです・・・

宮廷の年中行事とか、もう調べれば調べるほど、昔の人は深い!

大事なモノは目に見えないってこと。

 

子どもたちに説明するには、ちょっとどころじゃなく難しくなってきました・・・

 

ようするに

・節分は季節の変わり目のたいせつな時期(昔のお正月で一年の始まり)

・昔々に鬼がでたときに、鬼の目に豆を投げたら、鬼をやっつけられた

・鬼は目に見えないけど、誰の中にもいて、怒りんぼ鬼、泣き虫鬼、悪い子鬼がいて、時々悪いことしたくなったりするときは、その鬼が心の中で暴れている

・そんな鬼を、やっつけるために豆まきをする日本の昔からの行事

こんな感じでどうでしょうか。

5歳の息子にわかるかな~??

青年団の鬼?を迎える準備です(;^_^A

2歳の娘はパニック必至でしょうが、今日は寝る前に鬼の昔話をしてみます!

一緒に日本の行事を楽しみたいですww( *´艸`)