さて療育探そうか!⑤わが子にあう療育はどんな療育?

発達凸凹さん・お片付け嫌いさんのための
整理収納アドバイザーのむさとです
今日も過去のお話をば
息子が3歳4か月の頃、療育探しを始めました
もう5年位前のことですが
その時もたくさんの療育施設がありました
ただ、その時の私は
フルタイムの看護師であったこと
ワンオペだったこと
これが、療育選びの際に
大きなハードルになりました
母子一緒での療育が多かったです
日中の送迎が必要だったり
フルタイムで仕事をしていると療育に通わせることを断念しそうになりそうですよね
保育園まで送迎してくれる
仕事を続けていても療育に
通えるというのが大きなポイントでした
・A:ST特化型のマンツーマン療育
(ST・保育士常勤)新規参入
 すぐ利用可:基本親送迎で!保育園への送迎は可
・B:重度障害児多め少人数グループ療育(OT・NS常勤) すぐ利用可
・C:ASDの専門療育
(ASD療育に関する資格者常勤)
 12人待ち・一番人気・一軒家・ASDに特化した環境作りが実施されている
 ペアレントトレーニングあり
・D:特に特化するポイントなしの療育施設
  民家・託児所の様な雰囲気・管理者の資格はあるが他特化すべき事項なし(悪意はないよ)
・E:母子同室での療育
 グループでの活動あり・保育療育実績もあり
全てを見学して私の職場や家からも近い
ことも踏まえて5つに絞りました
そして、息子の困っていること
・言葉が不明瞭でお友達とのコミュニケーションに支障がある
・パニックになると私でもコミュニケーション不能
という事にできる対応できるST
(言語聴覚士)のいる療育を利用することにしました
通い始めた頃は、出来る限り送迎を
してくださいと圧力を度々感じましたが・・・ww
共働き家庭が多くなってくるにつれ、
Aの療育もほぼ送迎OKに変わっていきました
そして、一番気に入っていたCの療育の順番待ちをすることに
でも、妥協して息子のストレスになったり、意味のない療育へ通わせることは
したくなかった
でも、早く療育に通わせたい、息子の困った行動をどうにかしたい
という私目線の気持ちも不安定でした
ただ、未発達な子どもへの根拠のある関りをする療育へ通わせたかったので
慎重に選びました
選べる施設があるってことも幸せですよね
本当にありがたかったです